Blog

2006.10.14

伊勢おおまつり+お木曳車

どこからともなく椀鳴りの音が聞こえてきます・・・

神甞祭(かんなめさい)は新穀を奉納し豊年を祝う神宮でも大きな行事のひとつです。

その中でこちらの車は初穂曳(はつほびき)に使われます。

翌日に備えて移動しているところを撮影しました。

Kannnamesai_02

一日神領民でも活躍した一番車。上に載っているのは「初穂」

Kannnamesai_03

二番車。車輪の大きさでみるとサイズの違いが分かります。

Kannnamesai_04

三番車。一番下の弟といった感じでしょうか。

Kannnamesai_01

曳き手と車を繋ぐ綱。たくさんありますね。

外宮は車で15日、内宮はそりで16日です。

陸と川から五穀豊穣を祈願して無事に納めましょう!

伊勢おおまつり」のご案内はコチラ 

2006.10.9

イタリア眼鏡展示会 vol.8

Mido_22 ヨーロッパ各地から観光客が。ガレリアはたくさんの人です。

Mido_23 天気も天井も素晴らしい日でした。

Mido_24 日曜日だったのでお休みの店も多かったですが、近年は日曜営業の店も多いとか。

2006.9.29

イタリア眼鏡展示会 vol.7

Mido_21

展示会の会期中には各ブランドや会社で夜、パーティーがあり、ご招待をいただきます。

「カクテルパーティー」などが多いので行く前に少々腹ごしらえをと思い、マクドナルドへ。

メニューを見ると「パニーニのハンバーガー」があったのでそれを。

やはり、予想していた通り大きいなぁ・・・

食べている時にふと考えました。

これを日本で売り出したら「わらじバーガー」かなぁと。

Mido_19

イタリアのメーカーのパーティー。

そんなに広くない店内にはたくさんの人達が。

ロックの風とともにタバコ、アルコール、香水を含んだ空気は心地よく、決してよどんではいませんでした。

Mido_20

ドイツのメーカーのパーティー。

コチラは落ち着いた雰囲気でまた一味違う夜でした。

酩酊する人は無く、会話をつまみに酒を飲む。

大人の空間ですね。

2006.9.23

イタリア眼鏡展示会 vol.6

Mido_16

外に出てみると心地良い風が吹いていました。

アパートとアパートとの間にある門?

その上は渡り廊下みたいになっているのかな?

ミラノの午後7時過ぎ、明るいですね~ 

白壁の建築物も多いのでより一層、そう感じるのかも。

Mido_18

午後8時ぐらいでしょうか、路地裏を歩いてお食事に行くところです。

電柱が見当たらないのでこんなに狭いところでも空が広く感じます。

Mido_17

午後10時ごろ。

ドライバーのテクニックはカナリのものですね。「縫うように走る」を身をもって体験しました。特にビックリしたのは交差点で左折レーンから右折・・・

その反対も・・・優秀なレーサーが育つわけですね(笑)

ウィークエンドの夜はこれからと言わんばかりに街は熱気に包まれています。

イタリアの方は一度、仕事を終えて一服してから出て行くのでどうしても時間が遅くなるみたいですね。

ここから、タクシーを捕まえるのに1時間以上掛かりました。

なんでも、イタリアのタクシーは日本の様に自由競争が激しくなく、台数も少ないそうです。

2006.9.19

イタリア眼鏡展示会 vol.5

Mido_13

展示会場内では様々なフリーサービスがありますが、ジェラートもフリーです。

しかもオイシイ!それほど甘くなく、サイズも適度です。

Mido_14

「フェラーリ アイウェア」が展示されていましたが、来場者は「アイウェア」はそっちのけで

この実車に見入っていました。私もその一人。

Mido_15

会場の周りには今回のイベントに合わせた広告デザインをまとったTAXIをたくさん見かけました。日本だとバスとかトレーラーの大型車が多いですけどね。

ミラノの街中は狭いので小型車でないと不便なんでしょう。

478 / 490«...10...476477478479480...490...»
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Bland Lineup

    • 999.9
    • 999.9 feelsun
    • thec
    • FACTORY900
    • JAPONISM
    • SPEC ESPACE
    • TALEX
    • Poetta