Blog

2005.6.10

ベルギー+伊勢

  「Theo テオ」 という眼鏡をご存知でしょうか?

ベルギーはアントワープ発のブランドです。

アントワープといえば私の知っている限りでは、ダイヤモンド、ワッフル、ビール、

EUの本部、七人衆、日本からの直行便が無い、ぐらいでしょうか・・・ 

間違っていたらスイマセン。

私がテオの新作を見れるのは年に数回、世界の主要都市で催される国際展示会が主です。

それ以外にも、日本のエージェントのクルト氏が大量のコレクションを持って、お店に来てくれます。

その中からピックアップして仕入を行うのですが、これが難儀なのです。

なぜかというとカラフル&スタイリッシュなモデルばかりで迷ってしまうのです。

お客様が眼鏡を選ぶ難しさがよーく分かります。

theoisemegane2 ←の何倍もあるんですよ~ 

theoisemegane1 左側がクルト氏 良き男、良き父でもあります。

 

2005.6.9

初夏の訪れ

柏葉アジサイ

初夏になるとここ数年、店の前には大きなアジサイの鉢が並びます。

園芸好きの妻が小さな裏庭で育てているもので、毎年お客様が

楽しみにしてくださってます。

植え替えようにもこれ以上鉢が大きくなると運ぶ事が出来なくなるので

そろそろ土のあるお庭にもらっていただこうかなと考え中。

少し遅れてアナベルという白いアジサイが咲きます。

こちらもキレイですよ。

追ってご紹介したいと思います。

kashiwabaazisai

2005.6.4

RIDOL titanium

日本製の眼鏡はシックなカラーが多いです。例えば、グレーやブラウン、ブラック等。

それはそれでいいのですが、「スゴイメガネしてます」なんてモノを探していらっしゃるユーザーの方にしてみれば物足りないのも事実。

そこで今回、小田幸さんというメーカーさんからカラフルかつ堅牢な「リドル チタニウム」が発表されました。何か常に新しい物を求めていた’80年代の雰囲気を持ちつつ、軽くて丈夫なチタン素材を使用した本気のサングラスです。

休みの日にはサングラスでお出掛けが多い私ですが、一度、挑戦してみようかな・・・・

フォトアルバムを参照してみてください。

ridol_01

2005.5.30

電柱

店の前の電柱に旗が取り付けられました。

「御樋代木」と書いて私達は「みいしろぎ」と呼んでいます。

これは20年に一度の式年遷宮の行事のひとつで、長野県の木曽山中から

伐採された御用材(御神木)が盛大な歓迎を各地で受けながら伊勢まで来る行事です。

私も20年も前のことなので記憶も?なところがありますが、普段は静かな町がとても活気づいていたことだけは覚えています。

店の前の道路を通りますのでぜひ見に来てください!

詳しいことはコチラ↓

http://www.isejingu.or.jp/  伊勢神宮のサイト

okihiki_hata

2005.5.27

スペシャルゲスト

先日、福井県鯖江市から「spec espace」 「H-FUSION」を手掛ける「オプト・デュオ」の皆さんにご来店していただきました。

ココのデザインはとてもキレイで、プラスチックフレームの本質を見事に引き出しています。

フォトアルバムを参照してみてください。

私もまた、鯖江に行きたいです。

DSCF0004

541 / 542«...10...538539540541542
  • カテゴリー

  • アーカイブ

  • Bland Lineup

    • 999.9
    • 999.9 feelsun
    • thec
    • FACTORY900
    • JAPONISM
    • SPEC ESPACE
    • TALEX
    • Poetta